乾燥肌のニキビは保湿して肌の機能が回復することで改善

乾燥肌のニキビは保湿して肌の機能が回復することで改善

ニキビというと、脂っぽいイメージがあるので、乾燥肌の人には出来ないと思っている方も多いのではないでしょうか?
しかし、実は乾燥肌はニキビの原因となるのです。

 

特に大人ニキビはこの乾燥肌が原因で出来ることが多いです。

 

1、乾燥肌でニキビが出来る原因

 

ではなぜ乾燥肌だとニキビが出来やすいのか具体的にご説明します。

 

@肌の水分量が少ない

 

乾燥肌の人は肌の水分量が少ないので、乾燥から皮膚を守るために皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
それが毛穴を詰まらせてニキビの原因となります。

 

A水分量と皮脂量の両方の分泌が少ない

 

乾燥肌の人のなかでも、水分量と皮脂量の両方の分泌が少ない人がいます。

 

一見皮脂量が少ないのでニキビになりにくそうですが、そのような肌の状態では角質が固くゴワゴワした状態になり、毛穴が細くなってしまいます。
細くなった毛穴は少しの皮脂で詰まってしまうので角栓が出来やすく、それがニキビの原因となってしまいます。

 

2、乾燥肌から出来るニキビを改善する方法

 

乾燥肌でニキビが出来る原因が分かった所で、次は乾燥肌が原因で起こるニキビを改善するにはどのような方法があるのか、具体的にご説明します。

 

 

@保湿対策をする

 

まず一番効果的なのは保湿対策です。
洗顔後などにはしっかりと化粧水を付けて保湿します。
オイル入りの化粧水はニキビを悪化させる可能性があるので避けましょう。

 

 

A洗顔はゴシゴシこすらない

 

ニキビが出来ると、汚れをしっかり落とそうとついゴシゴシ洗いがちですが、むしろ肌への刺激となり逆効果です。
洗顔はネットなどでしっかり泡立てて優しく洗うようにします。

 

 

Bアルコールが入っていない化粧品を使用する

 

化粧品にはアルコールが入っている物が多くあります。
しかし、アルコールは肌の水分を蒸発させてしまうので乾燥の原因となります。
また、アルコールの刺激が乾燥で弱ったら肌のバリア機能をさらに低下させ、よりニキビが出来やすくなってしまいます。

 

 

乾燥肌が原因で出来るニキビは、肌をしっかり保湿して肌の機能が回復することで改善します。
しっかりと保湿対策をしてニキビの無い肌を目指しましょう。