一日に食べた物を一度全部書き出してみましょう

一日に食べた物を一度全部書き出してみましょう

女性にとっての悩みといえば、体形に関するものがトップにくるのではないでしょうか。

 

おなか回り、太もも、二の腕、背中、首と年を重ねるほどにお悩みの箇所は増えるばかり。いったいどうすれば、と悩んでしまっていませんか。体重は、摂取カロリーが消費カロリーを上回ったときに増えますので、何より大切なのは食べ過ぎないことです。最近太ったなと思ったら、一日に食べた物を一度全部書き出してみましょう。

 

 

こんなに食べていたとはと唖然とするはず。つぎに全身がうつる鏡の前にたってみましょう。厳しい現実に食欲も失せるはず。でも食べたい。そんなときには水を飲みましょう。一時空腹がしのげます。そしていつも食べている時間をやりすごせば、食欲は自然におさまっていきます。こうしてまず、間食の癖をなくしましょう。

 

 

どうしてもたべたいときは、プチトマトとかするめとか都コンブとか甘くないものを。チーズもおすすめです。基本は、おなかがすくまで食べないことです。食べた直後に寝るのは一番太るのでねるまえ4時間は食べないようにします。目指すのがモデルのような体形であるなら、ねるまえ6時間は食べてはだめです。

 

 

最初はつらいかもしれませんが、食習慣というのは不思議なもので、慣れてしまえば何でもなくなります。食生活のみなおしとともにとりいれたいのが運動。一日40分以上歩くのが理想です。歩くのは、全身の筋肉の80%を使う運動で、認知症予防効果もあるといわれているのでぜひ生活に取り入れたいものです。

 

そのほかでは、特定部位にきく、美容体操をワンセット覚えて毎日続けるのがおすすめ。基本は痩せたい部位の筋肉をつかうことで、空腹時におこなうと効果があります。お腹でしたら腹筋ということになります。痩せたいけど時間がないというかたには、縄跳びがおすすめです。200回程度でしたら、10分もかかりません。

 

 

太らないようにきをつけるのは見た目だけの問題ではありません。人間は、空腹になるとサーチュイン遺伝子という老化防止遺伝子のスイッチがはいり、実際にも若くいられることを知っていましたか。さあ今日からダイエットはじめましょう。